救命救急センターとは・・

救命救急センター(きゅうめいきゅうきゅうせんたー)
二次救急(急性心筋梗塞、脳卒中、頭部外傷など)で対応できない複数診療科領域の重篤な患者に対し、高度な医療技術を提供する三次救急医療機関のこと。
人口100万人あたり最低一箇所、それ以下の県では各県一箇所設置されています。
全国186ヶ所(平成19年4月1日現在)

特に高度な診療機能を提供するものを高度救命救急センター
小規模で既存のセンターを補完するものを新型救命救急センター

全国救命救急センター一覧 (日本救急医学会)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。